読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『太陽をかこう』ブルーノ・ムナーリ

f:id:ookami_to_taiyou:20170404175845p:plain

  • あらすじ
  • インプレッション
    • 白い太陽
  • 作品情報
  • ブルーノ・ムナーリについて

あらすじ

朝の太陽、ペンで描かれた太陽、顔のある太陽、雲間から見える太陽、宇宙の中の太陽。
ひとつしかないのに、沢山ある太陽の姿。

続きを読む

絵本の描き手たち:ヤスミン・イスマイル

f:id:ookami_to_taiyou:20170404173749p:plain

  • ヤスミン・イスマイルについて
  • 作品情報
  • ソーシャルメディア

ヤスミン・イスマイルについて

ヤスミン・イスマイル(Yasmeen Ismail)は、アイルランド出身の絵本作家、イラストレーターです。バーや小売店で働きながら、2002年に故郷ダブリンの美術学校を卒業します。その後、ジャクリーン・ウィルソン(Jacqueline Wilson)原作による『ガールズ・イン・ラブ』のアニメーション制作に携わり、やがて知人サンドラとアニメ制作会社を立ち上げます。この小さな会社は、サンドラが家庭を持つ2010年まで存続し、その間イズマイルは、監督、プロデューサー、デザイナー、アニメーター、脚本家などと、あらゆる方面の業務をこなします。

会社を閉めた後、彼女はポートフォリオをたずさえ、エージェンシーを訪ねます。代理人はイラストを見て、「モノクロではなく、カラーにしてみては?」と提案します。この何気ない一言こそ、ヤスミン・イスマイルを絵本作家へと導くことになります。それまで彼女は、アニメ制作でのキャリアを築いていましたが、この方面にさほど情熱があったわけではなく、何を本当にやりたいか、半ば途方に暮れていたのでした。しかし、自身のイラストに色を付け、ポートフォリオを作り直す途中、絵本作家への意欲が芽生えます。そして、ブライトの敏腕代理人ヴィッキーの手配により、出版社との契約が決まり、絵本をつくることになるのでした。

続きを読む

絵本の描き手たち:イザベル・アルスノー

f:id:ookami_to_taiyou:20170404174349p:plain

  • イザベル・アルスノーについて
  • 作品情報
  • ソーシャルメディア

イザベル・アルスノーについて

イザベル・アルスノー(Isabelle Arsenault。1978~)は、ケベック州セティル(Sept-Iles)出身のイラストレーターです。カナダのモントリオール大学でグラフィック・デザインを学びました。卒業後は、新聞や雑誌のイラストレーターとして働いてましたが、ふたりの子どもに恵まれてからは、絵本のイラストに特化するようになりました。

彼女がイラストを手がけた絵本の多くは、いくつもの言語に翻訳されています。また、『アンナとわたりどり』と『ジェーンとキツネとわたし』によって、ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞を、『きょうは、おおかみ』でカナダ総督文学賞を獲得しています。ケベック州の大学を出ていることもあり、絵本原作者のパートナーには、英語圏とフランス語圏の両方から選ばれています。モントリオール在住。

続きを読む

絵本の描き手たち:ジェニ・デズモンド

f:id:ookami_to_taiyou:20170404175045p:plain

  • ジェニ・デズモンドについて
  • 作品情報
  • ソーシャルメディア

ジェニ・デズモンドについて

ジェニ・デズモンド(Jenni Desmond)は、イギリス出身の絵本作家、イラストレーターです。英文学と美術史を学び、フランスで英語を一年教えた後、ロンドンのパトニー(Putney)で絵本イラスト講座に参加します。この一週間の夏期講座により、彼女の中の何かが目覚め、一日に18時間もドローイングするようになります(もともとイラストレーターを夢見てはいました)。そしてアングリア・ラスキン大学のケンブリッジ・スクール・オブ・アート(APU)に入り、卒業制作を終えると、ブライト・エージェンシーに登録します。

彼女はインターネットと電話を遮断し、集中した状態でイラストを描きます(ただし音楽は聴きます)。これまでに10冊ほど絵本を出していて、多くの言葉に訳されています。日本語に訳されているものは、現時点で『シロナガスクジラ(The Blue Whale )』の一冊のみとなっています。『The Polar Bear』でニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞(2016)を獲得しました。ロンドンのハックニー区にスタジオを構えています。

続きを読む

絵本の描き手たち:ヴァレリオ・ヴィダリ

f:id:ookami_to_taiyou:20170404175512p:plain

  • バレリオ・ヴィダリについて
  • 作品情報
  • ソーシャルメディア

バレリオ・ヴィダリについて

ヴァレリオ・ビダリ(Valerio Vidali。1983~)は、イタリアのローディ(Lodi)出身のイラストレーター、デザイナーです。ボローニャ国際児童図書展、ポルトガルのバレイロ国際ビエンナーレ、クロアチアのザグレブ・ビエンナーレなどの国際展覧会に出展し、数々の賞を受賞してきました。また『Marie Claire』や『Liber』にイラストを提供しています。書籍表紙のイラストおよびデザインも手がけています。

『Senza nome』が最初に手がけた絵本で、『Jemmy Button』でニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞(2013)を獲得しました。ただし今のところ、日本語に訳された彼の絵本は存在しないようです。なお、『Jemmy Button』を作る際、ジェニファー・ウーマン(Jennifer Uman。ニューヨーク在住)との共同作業が発生しましたが、互いに言葉が通じなかったため、Google翻訳を介して、意思疎通を図りました。大西洋を隔てて。趣味は凧作りで、植物園が好き。現在はベルリンに居を構えつつ、イタリアと往復する生活を送っています。

続きを読む