読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ドライバーマイルズ』ジョン・バーニンガム

あらすじ インプレッション 急に一体どうしたこと!? 作品情報 あらすじ家で飼っている犬のマイルズは、とっても厄介もの。うるさく吠えるし、散歩も嫌い。呼んでも来ない。 そんなマイルズを見ていたお隣のハディさんが、犬用のマイカーを作ると……。

『あおのじかん』イザベル・シムレール

あらすじ インプレッション 今この瞬間にも、地球のどこかで青の時間が始まる 作品情報 青の生き物たち イザベル・シムレールについて あらすじ日没から闇夜が訪れるまでの間、ゆっくりと空の青さは深みを帯びていきます。移ろいゆく空の下、さまざまな生き…

『わたしのいえ』カーソン・エリス

あらすじ インプレッション そこには誰かが住んでいる(住んでいた) 作品情報 カーソン・エリスについて あらすじいろんな家と、その暮らし。豪華な宮殿から、素朴な石造りの家まで。崖の上から、海の底まで。現実の家から、空想の家まで。

『みつけてん』ジョン・クラッセン

あらすじ インプレッション 二匹の間で、カクがちがう 作品情報 ジョン・クラッセンについて あらすじ素敵な帽子がひとつ、二匹のカメの前に落ちていました。さて、この帽子の行方は……。

『ちがうけれど、いっしょ』フェリドゥン・オラル

あらすじ インプレッション 打算的なダサさ、その真逆にあるもの 作品情報 フェリドゥン・オラルについて あらすじ前脚にハンディを抱えて生まれた仔ヤギ。他のヤギたちのように走ったり、跳びはねたりできません。もしそれが可能なら、どんなに嬉しいことで…

『白い池 黒い池』リタ・ジャハーン=フォルーズ作(再話)/ヴァリ・ミンツィ画

あらすじ インプレッション 「この手紙は捨てて」「オッケー」→「あの手紙をどうして捨てたの!」「ええっ!?」 作品情報 リタ・ジャハーン=フォルーズについて あらすじ毛糸玉を返してもらうため、見知らぬ家を訪ねた娘を待っていたのは、気難しそうなお…

『すべてのひとに石がひつよう』バード・ベイラー作/ピーター・パーナル画

あらすじ インプレッション 正しくオルタナティブな絵本 作品情報 ピーター・パーナルについて あらすじ石をひとつ見つけられるように、わたしの考えた10のルールを教える。 それではこれから、そのルールを説明する。

『ローラとつくるあなたのせかい』ローラ・カーリン

あらすじ インプレッション ローラのオーラは、少々ヤバい 作品情報 ローラ・カーリンについて あらすじ刷り込みや思い込みを壊して、身の回りのイメージを作り直すのって楽しい! もっと自由に発想して、毎日を楽しく送りたい人に。

『みんなぼうしをかぶってた』ウィリアム・スタイグ

あらすじ インプレッション 作品情報 あらすじウィリアム・スタイグによる自伝的絵本。1916年、当時まだ8歳だった少年の目から見た世界が描かれます。その頃は、大人も子どもも、みんな帽子をかぶっていました。

『きょうはみんなでクマがりだ』マイケル・ローゼン再話/ヘレン・オクセンバリー画

あらすじ インプレッション クマったことはありますか? 作品情報 『クマ狩り』の歌について あらすじよく晴れた行楽日和、野山を散策するには絶好の一日です。『クマがり』の歌をうたいながら行けば、冒険心も弾みます。そう、本物のクマが出てくるまでは………

『翻訳できない 世界のことば』エラ・フランシス・サンダース

あらすじ インプレッション それに名前を付けてたの!? 作品情報 エラ・フランシス・サンダースについて あらすじ世界のあちこちから集められた、一言では説明できないような、固有の言葉たちが紹介されています(34カ国語から52個)。さあ、どんな言葉との…

『ウエズレーの国』ポール・フライシュマン作/ケビン・ホークス画

あらすじ インプレッション 踏まれた麦は、根を伸ばす 作品情報 ケビン・ホークスについて あらすじちょっと浮いたところのあるウエズレー少年。そんな彼は、夏休みの自由研究として、壮大なテーマを掲げます。すなわち、「自分だけの文明」をつくりだす──。

『ねこってこんなふう?』ブレンダン・ウェンツェル

あらすじ インプレッション ポストトゥルース時代の真相を、猫は正しく予見する 作品情報 ブレンダン・ウェンツェルについて あらすじ他の生き物からネコを見たら、一体どんな風に見えるかしら? その姿は、私たちの知っているネコと同じでしょうか?

『おとうさん』シャーロット・ゾロトウ作/ベン・シェクター画

あらすじ インプレッション 暴力を包みこむ想像力、あるいは別の何か 作品情報 シャーロット・ゾロトウについて あらすじ生まれた時、すでに他界していたお父さん。その姿をお母さんの話の中から、イフ(if)としての現在によみがえらせます。

『わたしのすきなもの』フランソワーズ・セニョーボ

あらすじ インプレッション わたしを生かすもの 作品情報 フランソワーズについて あらすじすきなものが たくさんあるって とっても うれしい。 すきなものを みつけると とっても たのしい。 あなたは なにが すきかしら?

『きみたちにおくるうた むすめたちへの手紙』バラク・オバマ作/ローレン・ロング画

あらすじ インプレッション かつては誰もがみな子どもだったこと(等しく内なる可能性を秘めた) 作品情報 ローレン・ロングについて あらすじオバマ元大統領が、当時まだ幼かった娘たちに贈った手紙から作られた絵本です。社会に大きな影響を与えた13人の人…

『ここってインドかな?』アヌシュカ・ラビシャンカール作/アニータ・ロイトヴィラー画

あらすじ インプレッション 作品情報 アヌシュカ・ラビシャンカールについて あらすじインド旅行の思い出を縫い込んだキルトを、アンナおばさんから手渡されます。その晩、もらったキルトの下で眠りにつくと、青いネズミの姿になって、おかしな世界に迷い込…

『きみは太陽のようにきれいだよ』チェマ・エラス作/ロサ・オスナ画

あらすじ インプレッション ダンスの前に、心はもう踊っている 作品情報 あらすじ広場でパーティが開かれることを知ったホセは、妻のアナを誘います。しかし、あっさり断られてしまいます。「もうおばあさんだから」と。けれど、あきらめきれないホセは──。

『コートニー』ジョン・バーニンガム

あらすじ インプレッション 人生の奥深さを垣間見る ご注意! 作品情報 あらすじ子どもたちの説得に屈した両親は、「血統書付きの犬なら」と、条件をつけて犬を飼うことを認めます。けれども、子どもたちが選んだのは、誰も欲しがらない老いた雑種でした。名…

『わたしのそばできいていて』リサ・パップ

あらすじ インプレッション ただそばにいるだけの素敵な魔法 作品情報 リサ・パップについて ライブラリ・ドッグ( Library Dog)について あらすじ主人公のマディは、音読が苦手な女の子。授業で教科書を読まされると、いつも途中でつっかえてしまい、クラ…

『ことりのおそうしき』マーガレット・ワイズ・ブラウン作/クリスチャン・ロビンソン画

あらすじ インプレッション PLAY for PRAY 作品情報 クリスチャン・ロビンソンについて あらすじ死んだばかりの小鳥を見つけた子どもたちが、お葬式をあげることを思いつきます。子どもたちは小鳥のために、お墓をつくって、花を添え、歌をうたいます。そし…